2016年2月15日月曜日

留学のための英語 Ⅲ

◆ IELTS対策

イギリスの大学・大学院を受験する場合、TOEFLよりもIELTS受験が求められる場合が多い。この項を執筆するために、IELTSのサイトをチェックしたのだが、英検と組んで実施している!さらに驚いたことには90日ルールが撤廃されていたことである。わたしが大学院留学準備をしていたころは、一度受験すると90日間IELTSを受験できないという規定があった。このため、計画的に受験することが求められたのだった。

IELTSはReading Writing Speaking Listeningの4分野について能力が図られる試験であった。どの分野についても試験形式が異なるため、TOEFL対策とは別の、入念な準備が求められた。Readingは、制限時間内に読み終えることができそうにない量の英文を読まされる。このため、トピックセンテンスなど文の構造を素早く把握して、必要な情報を素早く読み取るスキルが必要。Writingは、TWEと同様の課題について、合計400語程度の英文を執筆する。Speakingは、面接官と1対1のインタビュー形式で実施される。あるテーマが与えられ、その内容に関して掘り下げた質問を受けるという内容。

厄介なのは、WritingとSpeakingだった。

そこで、ブリティッシュカウンシルのIELTS対策講座(全部で3か月くらい)を受講することにした。この講座は、試験形式に慣れるためにはとても有効だった。また、イギリスの発音に慣れるため、BBCのビデオ教材を無料で視聴できたことも良かった。

Speakingは、国により採点にばらつきがあるとかで(日本は厳しめに採点されるらしい)、わざわざ国外に受験にいく人もいる。わたくしはそこまでしなかったが・・・

◆ 自助努力

語学学校で学ぶ内容は、英語学習のなかのほんの一部分にすぎない。常日頃から自分自身で疑問に思うことをストックしておいて、ネイティブに「これで大丈夫か?」という質問をする。このような形での利用をしていかない限り、コストは青天井になってしまう。そこで、留学準備中に心がけていたことをいくつか挙げると・・・

①英字新聞の購読
Daily Mainichiを毎日読むようにした。作文やインタビューの際に、日本のことを問われることがあるので、使えそうな表現はスクラップして、何度も見直した。日本の習慣だとか、スポーツについてなどというおおざっぱなテーマほど、わたしは苦手だったので。

②論文のチェックを依頼した人に家庭教師をお願いした
カナダ人のネイティブスピーカーに、週に一度、2時間ほど作文と会話のレッスンを受けた。

③大学院留学を目指す人と、勉強会
新聞の切り抜きを素材に、20くらい質問事項をつくり、3人くらいのグループに分かれてディスカッションを行う勉強会を立ち上げた。学部や専門を問わず、英米圏に留学したい人を対象に。結果的に、ここでの鍛錬がコスト的にも質的にもいちばん有益だったと考えている。最終的に、当時のメンバーはシカゴ大学、ハーバード大学などに留学していった。

最終的に、TOEFL600点、IELTS7.0の壁を超えることができたが、留学してみて実感したことは、このスコアでは「まったく足りない」ということだった。