スキップしてメイン コンテンツに移動

『非進学校出身東大生が高校時代にしてたこと』

太田あや 著
東京大学合格者の上位30校で、定員の50%を占めるという。そのような状況の中で、創立以来東大合格者が一人もいなかったというような「非進学校」出身の東大生11人にインタビューを行い、高校時代にどのようなことをしていたのか、まとめたものがこの本。

インタビュアーは『東大生のノートはかならず美しい』の著者、太田あや氏。

読み始める前は、「この高校から東大に合格した人はいないし、東大受験を指導する力もない。きみを育てるリソースを持っていないし、生徒が東大に合格できる実力かどうかを測る指標すらうちにはない。情報不足のせいで、東大のレベルを教えられずに悪かった」(P215)というような高校ばかりなのか、と思った。しかしながら、この本に登場する多くの東大生たちは、授業と教科書を徹底理解し、「学校の先生が全力で東大受験をサポート」していたのだという。

ただ、まわりに東大を受験する人がいない環境というのは大変なことである。切磋琢磨するライバル、わからないことを教え合う友達がいない孤独感。受験にいることいらないことを仕分けするノウハウ、情報がない「情報格差」。そのような苦労を乗り越えて合格を勝ち取っていった東大生のことばは、実に読みごたえがあった。

とくに印象に残ったのは、興南高校出身の東大生の次のことばである。
「東大には、沖縄とは真逆の雰囲気があります。それは、どんなに大口をたたいても笑われないということ。沖縄にいた頃は、将来の野望を語ると、『はいはい、おもしろいね』と拍手されたり、『あとで恥ずかしい思いするから、そんなこと言わない方がいいよ』とたしなめられたり。そういう雰囲気がすごく嫌だったんです。でも、東大生は違います。『いつか学校を建てたい』と話すと、海外に学校を建てるプロジェクトに参加したことがあるからとアドバイスをくれたり、『国際機関で働きたい』と言えば、知り合いが働いているから紹介するよと言ってくれたり。そんな人がたくさんいます」
「沖縄は、勉強を頑張ってもなんにもならないという風潮が強いように感じます。きっと。勉強を頑張るその先に何があるのかが見えないからだと思います。例えば、スポーツで頑張れば甲子園があるし、また、ボクシング世界チャンピオンの具志堅要高さんもいます。歌やダンスを頑張れば、安室奈美恵さん、HYさんなど芸能界で活躍している人たちがいます。沖縄の子どもたちにとって、スポーツの道、芸能の道への目標があっても、勉強の道においては目標となる人がいないんです」(P51)

おっしゃる通りである。

リベラルアーツのprivilege英語コースは、「超進学校に通っていたらあまり感じることのない悔しさや孤独」だとか、「情報格差」の中で日々格闘している高校生のために創られました。意欲のある高校生のみなさんをお待ちしています。

このブログの人気の投稿

看護学校の補欠合格について

こんにちは。

県内の看護学校を受験中の方のなかに、「補欠通知」を受け取っている方がいると思います。
これは、「あなたには補欠で合格となる可能性があります」という通知で、決して合格通知ではありません。

補欠で合格となる場合、書面に記載されている期限までに、看護学校側から電話連絡があります。その電話連絡が始まるのは、授業料納入日のあとです。
看護学校側が、授業料納入者の数を確認し、入学者の人数が足りない場合に、補欠合格を出します。

ですので、今年は、ぐしかわ看護の補欠合格の連絡は12/16(金)のあと、北部看護の場合は12/19(月)以降です。

補欠通知は、合格通知ではありません。
現に、補欠通知を受け取ったのに合格に至らなかった受験生は、過去に多くいます。

学校側から連絡があるまで、気を抜かないことです。
まだ「受験生」であるという自覚をもち、気持ち、生活リズム、学習環境を整えてください。

補欠通知が合格通知になるといいですね。


それでは。

沖縄看護前期試験、那覇看護合格発表

本日は沖縄看護の前期試験でした。
受験者数ですが、欠席者が目立っていたようなので、実質は160名程度かと。このうち、1次通過者85名。昨年の実績によると、1次通過者の半数が最終合格になるものと思われます。面接が大幅に変化。40分と長時間化したうえ、40分のなかで集団討論(15分)も課せられたようです。
昨日は那覇看護の合格発表。昨年は苦い思いをしたリベラルアーツですが、今年は前期で5名合格者が出ました!高校3年生の場合、190点付近が合否の分かれ目のようです。

看護学校入試概況・2015

(1) 2015年度沖縄県内看護学校入試の概況です。

① 推薦入試の合格者数   沖縄 24 
  北部 非公表 
  那覇 62 
  浦添 33 
  ぐしかわ 16 ② 一般前期入試の合格者数   沖縄 62 
  北部 45 
  那覇 45 
  浦添 55 (補欠合格者数は不明) 
  ぐしかわ 51 ③ 後期入試の合格者数   沖縄 19
  北部 15 
  那覇 24 
  浦添  9 
  ぐしかわ 15 (2) 後期入試に関して(判明分)
那覇看護 受験者113名 1次通過70名 最終24名 浦添看護 受験者158名 1次通過50名 最終9名
那覇看護後期試験合格者の点数開示情報については、判明し次第お知らせします。
那覇は十数人、補欠通知が出ているようです。昨年度、一昨年も十番台後半での繰上げ合格がありました。

(3) コメント
① 浦添看護の定員増加の影響で、前期入試では、全般的に難易度が低下しました。浦添では前 
  期試験終了後に相当数の繰上げ合格があったようです。那覇看護は前年度に比較して受験者  
  数が減少。その反動で、入試難易度が低下したように見受けられます。
② 後期試験は北部・ぐしかわ・浦添で学力重視の傾向。
③ 各校とも倍率は確かに高いですが、しっかりと学習してきた方にとっては1年で合格する試験に
  なったといえます。早めの対策が早期合格の鍵を握るといえるでしょう。
2017年度入試の最新の概況はこちらをご覧ください。