スキップしてメイン コンテンツに移動

昨年の看護師国家試験・学校別合格状況から

第109回の看護師国家試験は、合格発表が3月19日(木)。
ふと気になって、第108回看護師国家試験の学校別合格者状況を調べてみました。

新卒での合格率は、
北部看護   96.4%
ぐしかわ看護 96.2%
浦添看護   98.4%
那覇看護   96.4%
沖縄看護   95.2%
となっています。既卒の合格率はかなり厳しい結果になっています。何が何でも新卒で合格しないといけない試験ですね。

県外の看護学校の合格状況は学校によってまちまちです。
毎年、県外の看護学校への進学について相談を受けることがありますが、

➀沖縄県内の看護学校での新卒合格率と比べて、見劣りしないか。とくに、新卒合格率90%を維持できているか?
②募集定員と国家試験の受験者数の間に大幅な食い違いがないか?
③修業年限と学費が、県内看護学校と比較して高くないか?

と言った点に注意するよう促しています。

学費が高いのに、新卒合格率が低いのであれば、養成所としての質としてどうでしょう。また、募集定員と受験者数の間に差があるなら、中途退学がそれだけ多いことを意味します。

要は、合格率が高く、しっかりとした実績がある学校を選ぶこと。

入試が簡単だから、という安易な考えで進路選択を行うことは禁物です。基礎学力がない状態で進学すると、国家試験の新卒合格は厳しくなります。「既卒」での合格はかなり厳しい、怖い試験。それが看護師国家試験なのです。



このブログの人気の投稿

看護学校の補欠合格について

こんにちは。

県内の看護学校を受験中の方のなかに、「補欠通知」を受け取っている方がいると思います。
これは、「あなたには補欠で合格となる可能性があります」という通知で、決して合格通知ではありません。

補欠で合格となる場合、書面に記載されている期限までに、看護学校側から電話連絡があります。その電話連絡が始まるのは、授業料納入日のあとです。
看護学校側が、授業料納入者の数を確認し、入学者の人数が足りない場合に、補欠合格を出します。

ですので、今年は、ぐしかわ看護の補欠合格の連絡は12/16(金)のあと、北部看護の場合は12/19(月)以降です。

補欠通知は、合格通知ではありません。
現に、補欠通知を受け取ったのに合格に至らなかった受験生は、過去に多くいます。

学校側から連絡があるまで、気を抜かないことです。
まだ「受験生」であるという自覚をもち、気持ち、生活リズム、学習環境を整えてください。

補欠通知が合格通知になるといいですね。


それでは。

看護学校入試概況・2015

(1) 2015年度沖縄県内看護学校入試の概況です。

① 推薦入試の合格者数   沖縄 24 
  北部 非公表 
  那覇 62 
  浦添 33 
  ぐしかわ 16 ② 一般前期入試の合格者数   沖縄 62 
  北部 45 
  那覇 45 
  浦添 55 (補欠合格者数は不明) 
  ぐしかわ 51 ③ 後期入試の合格者数   沖縄 19
  北部 15 
  那覇 24 
  浦添  9 
  ぐしかわ 15 (2) 後期入試に関して(判明分)
那覇看護 受験者113名 1次通過70名 最終24名 浦添看護 受験者158名 1次通過50名 最終9名
那覇看護後期試験合格者の点数開示情報については、判明し次第お知らせします。
那覇は十数人、補欠通知が出ているようです。昨年度、一昨年も十番台後半での繰上げ合格がありました。

(3) コメント
① 浦添看護の定員増加の影響で、前期入試では、全般的に難易度が低下しました。浦添では前 
  期試験終了後に相当数の繰上げ合格があったようです。那覇看護は前年度に比較して受験者  
  数が減少。その反動で、入試難易度が低下したように見受けられます。
② 後期試験は北部・ぐしかわ・浦添で学力重視の傾向。
③ 各校とも倍率は確かに高いですが、しっかりと学習してきた方にとっては1年で合格する試験に
  なったといえます。早めの対策が早期合格の鍵を握るといえるでしょう。
2017年度入試の最新の概況はこちらをご覧ください。