スキップしてメイン コンテンツに移動

教員英語コースの強者

こんにちは。
リベラルアーツのひがあいです。
最近、めちゃめちゃ遅いインスタデビューを果たし、インスタばっかで久々のブログ投稿です。
本日は教員英語コース受講中のある方の努力をお伝えしたいと思います。

教員英語コースでは、毎週、英字新聞を課題として読んできてもらっています。
翌週の授業で、記事中のボキャブのテストを実施し、授業の中で記事の内容について受講生に質問する、という感じで新聞記事を授業の中で活用しています。
多くの受講生が新聞記事を読み込み、語彙を調べ、授業に臨んでくれています。

その中に、強者がひとり。
この方は、課題の新聞記事を読んだ後、その記事のサマリーを書き、さらに記事についてessay形式で自身の意見を書き綴っているのです(写真をご覧下さい)。
That's surely gonna help improve her English. です。
現場で仕事をしながらのこの努力。これまで私が見てきた受講生の中で、おそらく最も努力し、英語で知識を吸収するということを楽しんでいる方です。

公立学校で本務として勤務すると、専門分野(英語)の勉強が疎かになるのが現状でしょう。
公立学校の教員は激務ですし、さらに(下世話な話)自身の英語力をブラッシュアップしたところで給与額は変わりません。年功序列ですからね。
皮肉な話ですが、英語を丁寧に学習し自身の英語力を高めようと努力しているのは、本務の教員ではなく、採用試験に向けて勉強している方々なのかもしれません(もしかしたら、本務になっても次なる目標に向かって学び続けている方もいらっしゃるのかもしれませんが)。

先の受講生の話しに戻りますが、このような「強者」にこそ、英語学習の楽しさを沖縄県の若い人たちに伝えてもらいたいものです。
彼女は今年、確実に1次試験突破できると信じています♪





このブログの人気の投稿

看護学校の補欠合格について

こんにちは。

県内の看護学校を受験中の方のなかに、「補欠通知」を受け取っている方がいると思います。
これは、「あなたには補欠で合格となる可能性があります」という通知で、決して合格通知ではありません。

補欠で合格となる場合、書面に記載されている期限までに、看護学校側から電話連絡があります。その電話連絡が始まるのは、授業料納入日のあとです。
看護学校側が、授業料納入者の数を確認し、入学者の人数が足りない場合に、補欠合格を出します。

ですので、今年は、ぐしかわ看護の補欠合格の連絡は12/16(金)のあと、北部看護の場合は12/19(月)以降です。

補欠通知は、合格通知ではありません。
現に、補欠通知を受け取ったのに合格に至らなかった受験生は、過去に多くいます。

学校側から連絡があるまで、気を抜かないことです。
まだ「受験生」であるという自覚をもち、気持ち、生活リズム、学習環境を整えてください。

補欠通知が合格通知になるといいですね。


それでは。

沖縄看護前期試験、那覇看護合格発表

本日は沖縄看護の前期試験でした。
受験者数ですが、欠席者が目立っていたようなので、実質は160名程度かと。このうち、1次通過者85名。昨年の実績によると、1次通過者の半数が最終合格になるものと思われます。面接が大幅に変化。40分と長時間化したうえ、40分のなかで集団討論(15分)も課せられたようです。
昨日は那覇看護の合格発表。昨年は苦い思いをしたリベラルアーツですが、今年は前期で5名合格者が出ました!高校3年生の場合、190点付近が合否の分かれ目のようです。

看護学校入試概況・2015

(1) 2015年度沖縄県内看護学校入試の概況です。

① 推薦入試の合格者数   沖縄 24 
  北部 非公表 
  那覇 62 
  浦添 33 
  ぐしかわ 16 ② 一般前期入試の合格者数   沖縄 62 
  北部 45 
  那覇 45 
  浦添 55 (補欠合格者数は不明) 
  ぐしかわ 51 ③ 後期入試の合格者数   沖縄 19
  北部 15 
  那覇 24 
  浦添  9 
  ぐしかわ 15 (2) 後期入試に関して(判明分)
那覇看護 受験者113名 1次通過70名 最終24名 浦添看護 受験者158名 1次通過50名 最終9名
那覇看護後期試験合格者の点数開示情報については、判明し次第お知らせします。
那覇は十数人、補欠通知が出ているようです。昨年度、一昨年も十番台後半での繰上げ合格がありました。

(3) コメント
① 浦添看護の定員増加の影響で、前期入試では、全般的に難易度が低下しました。浦添では前 
  期試験終了後に相当数の繰上げ合格があったようです。那覇看護は前年度に比較して受験者  
  数が減少。その反動で、入試難易度が低下したように見受けられます。
② 後期試験は北部・ぐしかわ・浦添で学力重視の傾向。
③ 各校とも倍率は確かに高いですが、しっかりと学習してきた方にとっては1年で合格する試験に
  なったといえます。早めの対策が早期合格の鍵を握るといえるでしょう。
2017年度入試の最新の概況はこちらをご覧ください。