スキップしてメイン コンテンツに移動

平成28年度採用試験(2015年実施)2次試験(論文)

◆問題文
「別紙の文章の趣旨を踏まえ、文中から関連個所を引用し、あなたの考えや本県教諭として実践したいことを1200字以内で述べる」

◆制限時間
75分

◆別紙資料の段落は3段落構成
①段落→本県教育の究極の目的(自己実現を図り、社会に貢献する人材になる)
②段落→本県教育の課題(全国最下位、早急に改善が求められる)
    中学:学習状況調査結果が厳しい数字、高校:中退率、大学進学率に課題
③段落→そこで(1)常に授業や言動を見つめ自ら改善する力(2)組織の一員として全校体制によ
    る取り組みの動力となる力を身に着け、職責を全うすることが求められる

◆Liberal Arts講師のコメント
以上のことからいえることは…
①の究極目標に向け、各志望校種での解決すべき課題を指摘し(②段落)☜ここまでが序論
序論で指摘した教育課題解決のために、本県教員として具体的に本論で
(1)授業改善などをどのように行っていくか
(2)全校体制による取り組みのためどのような力を身に着けるか
の各論点について「これからの」教育実践を書くことが求められます。
(高得点の人は例外なく、(1)(2)の論点について書いていました。)
ということは…
(1)(2)の論点抽出作業(目的と手段の指摘)ができれば、あとは従来の論文の傾向と変わるところがない。「序論」「本論1・2」「結論」の4段落構成で答案構成を行えばよいわけです。

◆追記
こちらを参照。項目2と項目4が論点(1)(2)です。     


このブログの人気の投稿

看護学校の補欠合格について

こんにちは。

県内の看護学校を受験中の方のなかに、「補欠通知」を受け取っている方がいると思います。
これは、「あなたには補欠で合格となる可能性があります」という通知で、決して合格通知ではありません。

補欠で合格となる場合、書面に記載されている期限までに、看護学校側から電話連絡があります。その電話連絡が始まるのは、授業料納入日のあとです。
看護学校側が、授業料納入者の数を確認し、入学者の人数が足りない場合に、補欠合格を出します。

ですので、今年は、ぐしかわ看護の補欠合格の連絡は12/16(金)のあと、北部看護の場合は12/19(月)以降です。

補欠通知は、合格通知ではありません。
現に、補欠通知を受け取ったのに合格に至らなかった受験生は、過去に多くいます。

学校側から連絡があるまで、気を抜かないことです。
まだ「受験生」であるという自覚をもち、気持ち、生活リズム、学習環境を整えてください。

補欠通知が合格通知になるといいですね。


それでは。

看護学校入試概況・2015

(1) 2015年度沖縄県内看護学校入試の概況です。

① 推薦入試の合格者数   沖縄 24 
  北部 非公表 
  那覇 62 
  浦添 33 
  ぐしかわ 16 ② 一般前期入試の合格者数   沖縄 62 
  北部 45 
  那覇 45 
  浦添 55 (補欠合格者数は不明) 
  ぐしかわ 51 ③ 後期入試の合格者数   沖縄 19
  北部 15 
  那覇 24 
  浦添  9 
  ぐしかわ 15 (2) 後期入試に関して(判明分)
那覇看護 受験者113名 1次通過70名 最終24名 浦添看護 受験者158名 1次通過50名 最終9名
那覇看護後期試験合格者の点数開示情報については、判明し次第お知らせします。
那覇は十数人、補欠通知が出ているようです。昨年度、一昨年も十番台後半での繰上げ合格がありました。

(3) コメント
① 浦添看護の定員増加の影響で、前期入試では、全般的に難易度が低下しました。浦添では前 
  期試験終了後に相当数の繰上げ合格があったようです。那覇看護は前年度に比較して受験者  
  数が減少。その反動で、入試難易度が低下したように見受けられます。
② 後期試験は北部・ぐしかわ・浦添で学力重視の傾向。
③ 各校とも倍率は確かに高いですが、しっかりと学習してきた方にとっては1年で合格する試験に
  なったといえます。早めの対策が早期合格の鍵を握るといえるでしょう。
2017年度入試の最新の概況はこちらをご覧ください。


おつかれさまでした

こんばんは。

2/3(金)で2017年度のリベラル看護コースが終了しました。
受験生のみなさん、お疲れさまでした。

今年度もさまざまな境遇の受講生がいて、印象的な1年でした。
そんななかでも、私たち講師2名にとって印象深いのは、後期受験に向けて頑張った受講生の方々です。

後期試験まで残った高3生(現役生)の男子。
もちろん、私たちもできる限りのことをし尽くしましたが、ぐしかわ看護の後期試験合格を勝ち得たのは、99%、彼の精神力だと思います。
推薦入試&前期試験で合格できなかったのは、リベラルに通っている高3生では彼一人でした。
合格していったほかのどの現役生よりも、彼が頑張っていました。これは断言できます。ただ、受験勉強のスタートが遅かった。そのため、前期試験では県内どの学校からも合格通知をもらうことはできませんでした。
が、前期試験終了後も、彼はめげずに黙々と受験勉強に励んでいました。
ほんとに、黙々と。ひとりで。
その結果が、第1志望のぐしかわ看護合格です。

後期試験まで残ったシングルマザーNさん。
彼女は、ほんっとに学力が低く、1年を通して、私たちが厳しいことを言い続けてきた受講生でした。あまりにも厳しいことを言ってしまって、私自身、滅入ってしまったこともありました…。
さらに、年齢的なことで、彼女自身「看護学校受験」に及び腰になっていた時期もありました。
しかし、本人が最後の最後まであきらめませんでした。その「希望」に私たちが動かされたというのが、Yさんのケースです。
年齢的なこと、環境的なこと、今後の人生を考えたときに、彼女にとって今年がラストチャンスだったと言えます。そのチャンスを逃さなかったのは、彼女の前向きな気持ちと、最後の目を見張るほどの努力でした。
将来、彼女の人柄と性格で、温かみと包容力のある看護師になってくれるのだろうと、そう思っています。
沖縄看護専門学校、後期での合格、おめでとうございます。


今年度も、たくさんの受講生とかかわり、多くの笑顔と、涙を見てきました。
その中には、途中で進路変更した方、こちらから退学してもらった方、心が折れて退学していった方もいます。
そんななか、後期試験まで残った方々を見て思うのは、あきらめないことの大切さです。
もちろん、人生、諦めるべきことのほうが圧倒的に多い。
「諦めないこと」に執着し、自分に酔い潰れ…