2016年7月19日火曜日

教員採用試験1次を終えて

1次試験受験の皆様、お疲れ様でした。
ほとんどすべての校種・教科で新傾向の問題が出題されたようです。
難しい問題が出た場合、難しいのは自分ひとりではないのです。合格基準点はおのずと低くなることを考えれば、現段階で今年度の受験を投げ出してしまうのは合理的ではありません。

2次に向けて少しでも対策を始めるべきです。
1次発表まで何もせず、発表の日に通過していることを知り、あわてて2次対策をする・・・というのは好ましいことではない。

面接で聞かれたことを整理し、論文の対策、模擬授業のための仕込みを行うのは、今この時をおいて他にありません。

というわけで、次のエントリーでは、平成28年度採用試験2次試験論文の解説を行います。