スキップしてメイン コンテンツに移動

看護学校合格・4冠達成者の合格体験記から学ぶこと

目下、推薦入試・前期入試の合格体験記を少しずつホームページにアップしているところです。今年の前期入試では、4校(ぐしかわ看護・北部看護・那覇看護・浦添看護)から合格通知を貰った受講生が出ました。

この方の合格体験記を一部引用します。


「まず、始めたことは何度も繰り返し勉強することです。また、復習を行う際に単語帳をつくり、学校の休み時間や空き時間を利用して見るようにしました。日にちを重ねるごとに新しく覚えなければならないことが増えていきました。そこで、塾での時間も含め16時間以上勉強するという目標を立て、残り少ない期間を大切に過ごしていきました。私は数学が3教科の中では得意だったので、英語と国語に力を入れました。英語は文法を復習したり、単語帳を持ち歩いていつでも見ることができるようにしました。また、家に帰る途中でも勉強できるようにスマホに単語帳のアプリや英単語アプリを入れて見るようにしていました。国語は、塾においてある新聞を読んで集中力を養いました。他にも国語専用の語彙力増強アプリや漢字、四字熟語アプリを入れて、塾の休み時間にやっていました。」

ここから学べることは、圧倒的な(そして見えないところでの)努力の大切さです。

授業を聞いて理解できないことがああれば質問して解決すること、新しいことを学ぶのと同時に繰り返し復習して知識の定着を図ること、スキマ時間を効果的に活用すること。

スマホをいじる時間。友達とたわいないおしゃべりをする時間。居眠りをする時間。高校生の多くが休み時間を無為に過ごしている中、この方はひとり黙々と新聞を読んでいました。

看護学校から評価されるのは当然、ですね。

このブログの人気の投稿

看護学校の補欠合格について

こんにちは。

県内の看護学校を受験中の方のなかに、「補欠通知」を受け取っている方がいると思います。
これは、「あなたには補欠で合格となる可能性があります」という通知で、決して合格通知ではありません。

補欠で合格となる場合、書面に記載されている期限までに、看護学校側から電話連絡があります。その電話連絡が始まるのは、授業料納入日のあとです。
看護学校側が、授業料納入者の数を確認し、入学者の人数が足りない場合に、補欠合格を出します。

ですので、今年は、ぐしかわ看護の補欠合格の連絡は12/16(金)のあと、北部看護の場合は12/19(月)以降です。

補欠通知は、合格通知ではありません。
現に、補欠通知を受け取ったのに合格に至らなかった受験生は、過去に多くいます。

学校側から連絡があるまで、気を抜かないことです。
まだ「受験生」であるという自覚をもち、気持ち、生活リズム、学習環境を整えてください。

補欠通知が合格通知になるといいですね。


それでは。

看護学校入試概況・2015

(1) 2015年度沖縄県内看護学校入試の概況です。

① 推薦入試の合格者数   沖縄 24 
  北部 非公表 
  那覇 62 
  浦添 33 
  ぐしかわ 16 ② 一般前期入試の合格者数   沖縄 62 
  北部 45 
  那覇 45 
  浦添 55 (補欠合格者数は不明) 
  ぐしかわ 51 ③ 後期入試の合格者数   沖縄 19
  北部 15 
  那覇 24 
  浦添  9 
  ぐしかわ 15 (2) 後期入試に関して(判明分)
那覇看護 受験者113名 1次通過70名 最終24名 浦添看護 受験者158名 1次通過50名 最終9名
那覇看護後期試験合格者の点数開示情報については、判明し次第お知らせします。
那覇は十数人、補欠通知が出ているようです。昨年度、一昨年も十番台後半での繰上げ合格がありました。

(3) コメント
① 浦添看護の定員増加の影響で、前期入試では、全般的に難易度が低下しました。浦添では前 
  期試験終了後に相当数の繰上げ合格があったようです。那覇看護は前年度に比較して受験者  
  数が減少。その反動で、入試難易度が低下したように見受けられます。
② 後期試験は北部・ぐしかわ・浦添で学力重視の傾向。
③ 各校とも倍率は確かに高いですが、しっかりと学習してきた方にとっては1年で合格する試験に
  なったといえます。早めの対策が早期合格の鍵を握るといえるでしょう。
2017年度入試の最新の概況はこちらをご覧ください。